スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--
                                

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

   

【霊体験その14】

  • 2008/05/07(水) 14:45:36
                                

【霊体験その14】 白大蛇が・・・

実家には、守り神の白大蛇がいた。祠と家の縁の下の行き来をしていたそうです。

今までの事件・事故で、命を助けていたのが、この白大蛇だったのです。

血祭り騒ぎも、車の大破事故も、娘の病気と原因不明の結果も、下手すれば、すべて命の落とす話。

それを守っていたのが、この白大蛇だと言う。

亡くなった爺ちゃんしか、見たことが無いそうです。話によると、長さは6~7mで、太さが60cm程のものだったそうです。

その白大蛇は、家に侵入して悪さをする狐を、毎回連れて帰るように、祠へと繰り返し、実家の門番みたいな行動を

していたと、霊能者は そう語ったそうです。

が、本来なら、その白大蛇が、幸運をもたらしてくれ、事件事故は起こらなかったはず・・・

その白大蛇にしても、悪霊と化した狐には敵わない、抑えられない状況だった。その上に、自爆霊との対応もしてくれたていた

全てに、実家を守るべき行動をしていたとの事。それも、当初は居なかったと言う。いつしか、婆ちゃんが亡くなった数日後

位ではないかとされてて、その婆ちゃんが、白大蛇に化けていたのでは、と、今では伝えられている。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。