スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--
                                

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

   

【霊体験その16】

  • 2008/05/10(土) 16:43:47
                                

【霊体験その16】 

そんなある日、長男の嫁の母が訪れる時がありました。

その母は、家に入ってすぐさま、『この家には、一杯 狐が住んでるぞ』 と・・・・・。

出迎える人より何より、先に目に飛び込んできたと言う。それが、すぐさま口に出たそうです。

それも、悪さをする狐と判ったそうで、玄関先で立ちすくむ様だったそうで、中々、家の中には入れない。

時間にして、約15分くらいそうして、中に入り、線香をやりに・・・・・

その時です。ぞくぞく感があったまましていた、その母は、突然お腹を押さえ始めたのです。

『お腹に、悪さをする狐が入ってきた』と、うずくまる様にそのまま仏壇の前に倒れこんでしまったんです。

痛いのか、どうなのか、なんとも言えない様で、そうしてるしか無い様子。誰も手を貸せず、手を差し伸べても、

それに反応を示さず、ただ、ただ、そうしてるだけ・・・・・それが精一杯だった。

時にして、30分位たったでしょうか、その母は、何が起こったか?判らない様子で、何も無かったかのように、

仏壇に線香を上げて、その場を離れた。そして、家路につき、その場は、何も起こらず過ぎ去っていった。

が、しかし、潜んでいたのでしょうか?お腹に入っていたままだたんです。

その日から3日もしないうちに、その母が他界したんです。その時の坊さんが、そう言ってたそうな・・・・・。

それも、狐が2匹入ってたとのこと・・・・・。 怖すぎた瞬間でした~

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。